• 音楽好きのための家具屋

    2017年末の実家へ帰省の際に、父の要請で収納付きベッドを製作しました。

    ベッドマットの寸法が2000×1100あり、1つの家具として作ってしまうと寝室のある2階に運ぶことが不可能なので、1100×670の箱を3つ作って、それを繋げて1本にして、その下に1×4のホワイトウッド3本渡してキャスターを取り付けました。
    箱の真ん中には仕切り板を入れて、上からの強度を確保。その片側の3箇所の開口には、引き出しを3つ作りました。

    もう片側の3箇所の開口はがらんどうのままだけど、そっちも収納として活用することが可能です。

    使った材料は、3×6のコンパネ6枚、1×4のホワイトウッド1830mmを5本、引き出しの底板用として3×6の5.5mmベニヤ1枚、そして自在キャスター7個。材料代がざっと12000円ほど。

    「ベッドを作ってくれ。」と頼んだのに、いきなり箱を作り出す息子の姿に父は当初訝しげでしたが、作り終わってみるとご満悦の様子。
    午前中のうちに材料を買いに行って、夕方ごろには箱を繋げてベッドとして機能する状態にして作業を終え、翌日2時間ほどで引き出し3つを製作して完成させました。
    何しろ、化粧板や塗装など無しで下地のままでOKだったので、木取りをして組み立てて面取りをするだけなので、思ったより早くに片付きました。

    余った材料で、ベッドサイドテーブルも製作しました。

    妹家族が帰省の際には、キッチンの子供用長イスとして活用するようです。